東南アジア各国最低賃金動向
ミャンマー:2013年最低賃金法成立。金額設定は未定。2012年6月工業団地従事者は5万7600チャット(月額約70ドル)に設定。同年にはストライキも起きている。
ミャンマーでは一般的に、重労働である農業の人件費が約100USD(約1万円)と高く、食品工場で約8千円前後、建設で3千円~4千円、建設現場で働く女性も見受けられる。


ベトナム:2014年1月より最低賃金引き上げ。引き上げ幅は14.3〜16.7%に。
2014年1月1日~ベトナムエリア別最低賃金

地域 2014 2013 上昇率
Ⅰハノイ、ホーチミン、ハイフォン 2,700,000VND
(128USD)
2,350,000VND 14.9%
Ⅱダナン、バクニン 2,400,000VND
(114USD)
2,100,000VND 14.3%
2,100,000VND
(100USD)
1,800,000VND 16.7%
1,900,000VND
(90USD)
1,650,000VND 15.2%

2007年ごろまでは、50万ドン以下であったが、現在では200万ドンを超える。

ベトナムドン(VND)      1VND=0.004823JPY
1JPY=207.34 VND (31 JAN 2014)


インドネシア: 2012年からの3年で70%以上の上昇。
2014年 上げ幅は11%~26.4%と前年よりも上げ幅は落ち着いている。ルピア安のため、ドル建てでは、金額は横ばい。
2013年 首都ジャカルタ圏で4割超す上げも。 ジャカルタでは44%高い220万ルピア(約1万8700円)。工業団地が多い西ジャワ州のカラワン(58%増)やブカシ(48%増)で急上昇。

インドネシアルピア(IDR) 1IDR=0.008414 JPY
1JPY=118.60 IDR   (31 JAN 2014)


カンボジア: 2012年からの3年で70%以上の上昇。
カンボジア労働部は2014年よりアパレルの最低賃金を25%上げ、月100米ドルにすると発表した。
2013年まで最低賃金は月80米ドルだった。

カンボジア リエル(KHR)  1 KHR = 0.02540 JPY
1JPY=39.3777 KHR (31 JAN 2014)


バングラディシュ: 2014年の最低賃金はUSDに上昇。
バングラディッシュにはナイキ、アディダス、H&M、ZARA、ユニクロなどの工場がある。

 


■ Value Asia がお届けするミャンマー情報(メールニュース)の登録

■Value Asia Facebook ページ

■ Value Asia twitter アカウント