人民公園

 

2月12日はミャンマーの祝日、連邦記念日(Union Day)。
ミャンマーは多数の少数民族からなる多民族国家です。
イギリスの植民地であったビルマ(現ミャンマー)は、
1947年2月12日にアウンサン将軍(アウンサンスーチーさんのお父さん)を中心に
諸民族が一致団結して連邦国家としての独立をはたすべくピンロン条約が締結します。
(シャン州ピンロンで調印をしました。)
その結果として、1948年1月4日ビルマは独立を果たします。
ところが、アウンサン将軍は1947年7月19日にビルマ独立を見ることなく暗殺されます。

120年以上にわたる植民地支配から解放され
独立国家となったビルマは、その求心力、アウンサン将軍を失ったことで、諸民族のまとまり、協調
も失われ、民族間の内戦、それを抑えるための軍事政権と歴史をたどり、いまなおミャンマーが抱える
根深い問題となっています。

1月4日はミャンマーの独立記念日、Independence Day、
「ビルマ建国の父」アウン・サン将軍の命日7月19日は殉職者の日、
といづれもミャンマーの祝日です。